スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極がきた話

究極精錬チケットが配布され数日、露店や買取チャットは成功品や残骸で賑わっています

想定外のエクセリオンレッグ実装により、先週からの合計で800M程使っており財布も萎みつつあります
とりあえずエクセリオンレッグは3足購入し設計図も付けました
全職装備可能なので精錬祭で3つとも+7に出来たら御の字…なのですが、例年どおり4-5月あたりに開催となるとその時期にROに時間を割く余裕があるかどうか

いざ究極精錬が来て思うのは、スマホアプリのゲームもそうですが、結局課金ゲーだなというのが普段以上に露骨に表れてしまいますね
課金さえすれば誰でも高額装備が手に入る、作れる、ROだけのことではなくMMO全般そんな感じになっているのでしょう
そういう図式が顕著に見られるとなんかつまらないですね
今に始まったことではないのですが、改めて実感してしまいました
ずっと欲しかった装備を究極精錬が成功してやっと手に入れられた!というのは理解の範疇です
しかしながら、例えばこの機会に高額過剰装備を大量に作り、温めたのち売り飛ばして儲けようとか、そういうのは何が楽しいんだろうと思います
究極精錬前は祭りの前夜のような気持ちの高ぶりがあったのですが、実際来たらちょっとあれですね、あれです…次の目標何に定めよう…

と考える前に、今日も仕事です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。